公演情報

音楽と過ごす時間を創造します

心に響く音楽体験へようこそ。
株式会社プレルーディオが企画制作する公演は、音楽と共に過ごす素敵な時間をお届けします。心に新たな風景を描く魅力溢れる音楽や舞台。素晴らしい出会いがあなたを待っています。

公式SNS:
 Facebook  Youtube  X(旧Twitter)

  2024-07-20 ~ 2025-03-18 までの公演

 
 
20240720
2024-07-20
プレルーディオ制作

【学び100年講座】昭和音楽大学と連携する音楽教養講座 第1回 知っているようで知らないピアノ~ピアノの歴史とピアノ音楽の変遷~

公演会場
ザ・ヒロサワ・シティ会館 (JR「水戸」駅南口徒歩約20分、バス・タクシー約10分)

ピアノは最も身近な楽器として日常生活の中に溶け込んでいます。しかし、その歴史や構造についてはよく知らないのではないでしょうか。そこで、ピアノが誕生した1700年頃に遡り、ピアノの誕生から現代のユニークなピアノまでピアノの全てをお話しします。そしてピアノ音楽がピアノの発展とともにどのように変化していったのかを、実際の演奏を通して耳から知っていただきます。

241019otona31bosyuomote
2024-10-19
プレルーディオ制作
大人のコンサート

~あなたも名演奏家~おとなのコンサート vol.31

公演会場
昭和音楽大学南校舎5階 ユリホール(小田急線「新百合ヶ丘」駅南口徒歩4分)
定員に達したため、お申込みの受付は終了しました。


 

”名演奏家”として思い出を増やしませんか?

50歳以上の音楽愛好家のみなさまが主役となり、ステージでひとりひとり演奏していただけます。
音楽経験やレベルは気にせずに、昭和音楽大学「ユリホール」で、楽しい音楽会に出演しませんか?

2024-10-21
プレルーディオ制作

<音楽生涯学習講座>「モーツァルト・室内楽のお話し」

公演会場
J:COM浦安音楽ホール(JR京葉線・武蔵野線「新浦安」駅南口徒歩1分)

モーツァルトの室内楽作品は様々の楽器の組み合わせによるものが多数作曲されています。弦楽器による弦楽三重奏、四重奏、五重奏、管楽器と弦楽器による四重奏、五重奏、ピアノと弦楽器による三重奏など、その種類は多彩です。今回はそれらの作曲された経緯を、ドラマチックなモーツァルトの生き方とともにお話しします。 そして、その室内楽作品の中心となる弦楽四重奏曲を主として鑑賞して頂きます。こうした室内楽作品を通して、モーツァルトの音楽の魅力を、改めて皆さんと一緒に考えていきたいと思っております。 

折江忠道(大)
2024-12-05
プレルーディオ制作

<音楽生涯学習講座>ジュゼッペ・ヴェルディ作曲「ファルスタッフ」

公演会場
J:COM浦安音楽ホール(JR京葉線・武蔵野線「新浦安」駅南口徒歩1分)

今回のオペラ講座はシェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」「ヘンリー4世」を題材にして、ヴェルディが最後に作曲したオペラを取り上げます。前半は、寺子屋のオペラ講座でおなじみの藤原歌劇団総監督折江先生に「ファルスタッフ」のあらすじや見どころ・聴きどころを解説していただきます。後半のコンサートでは、来年2月に東京文化会館での藤原歌劇団公演に出演予定の米田七海さん、中井亮一さん、岡昭宏さんに、本番さながらの迫力ある歌声を披露していただきます。 

2024歌う会
2024-09-09, 2024-11-22, 2025-01-27, 2025-03-13
プレルーディオ制作

オペラ歌手と日本の名曲を歌う会

公演会場
昭和音楽大学南校舎5階 ユリホール(小田急線「新百合ヶ丘」駅南口徒歩4分)

平日の昼下がり、オペラ歌手と一緒にみんなで楽しく歌いましょう!
おなかの底から声を出して歌えば、身も心もスッキリすること間違いなし!
過去の歌う会の映像をYoutubeで配信しています♪  ぜひご覧ください!

2025-03-18
プレルーディオ制作

<音楽生涯学習講座>「天才シューベルトの実像に迫る!」

公演会場
J:COM浦安音楽ホール(JR京葉線・武蔵野線「新浦安」駅南口徒歩1分)

シューベルトは日本では歌曲作家として不動の地位を確立しています。しかしあまり知られていないことですが、多くの室内楽作品や性格的小品と呼ばれる珠玉のピアノ曲を実にたくさん残しています。その素顔を同時代に生きた音楽の巨人・ベートーヴェンと比較しながら明らかにしていきます。今まで知らなかったシューベルトが皆さんの前に現れてくるに違いありません。

川崎・しんゆり芸術祭アルテリッカしんゆり2015「日本の歌~童謡・唱歌・叙情歌の世界」で満席の中デビューを果たした藤原歌劇団所属の男性 4人のヴォーカルグループ。ユニット名 Quattro Aria は多数の公募の中から決定した。4人を表すQuattroと風・空気を表すAria。「4つの風。甘い南に、さわやかな東へ、クールな北に、まどわされそうな西へ…と多彩な音色、そして、そこから生まれる日本の歌に 4声が響くイメージ」という当選者からの思いを胸に、日本語が持つ独特の繊細なニュアンスと“想い”をサウンドにのせて伝えていく。

お知らせ News

  • 2024-06-21
    公演情報

    2024.10.21<音楽生涯学習講座>「モーツァルト・室内楽のお話し」発売中!

    会場:浦安音楽ホール
    詳しくはこちら

  • 2024-06-19
    公演情報

    2024.07.20【学び100年講座】昭和音楽大学と連携する音楽教養講座 第1回 知っているようで知らないピアノ~ピアノの歴史とピアノ音楽の変遷~発売中!

    会場:ザ・ヒロサワ・シティ会館
    詳しくはこちら