公演情報

『小説8050』文庫本発行記念
作家 林真理子氏 講演会

「小説を書く時間」

公演の種類

プレルーディオ制作

SNSシェアボタン

240608odakyu_hayashimariko.jpg

開催場所

会場

 
公演会場
昭和音楽大学 テアトロ・ジーリオ・ショウワ(小田急線「新百合ヶ丘」駅南口徒歩4分)

開催日時

2024年06月08日 13:15 ~ 15:15

関連資料ダウンロード

ダウンロード

「週刊新潮」に連載され、いじめや長期化する引きこもりなどの社会問題をテーマに大きな反響を呼んだ『小説8050』の文庫本発行記念の講演会を開催します。紫綬褒章受章、大河ドラマ原作も手掛けたうえ、「同一雑誌におけるエッセーの最多掲載回数」としてギネス世界記録にも登録された他、現在は大学理事長としても多忙な毎日を過ごされている林真理子先生の執筆活動や新著をめぐるお話などを語っていただきます。
プロローグ・エピローグでは林真理子先生にゆかりのある音楽もお楽しみいただきます。

日程2024年6月8日(土) 13:15~15:15
          (開場 12:30)
会場昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
(小田急線「新百合ヶ丘駅」南口徒歩4分)
入場料

 一般価格
 ◎SS席(サイン本付)5,800円
 ◎ S席(サイン本付)5,300円
 ◎ A席(サイン本無)3,800円
 ◎ B席(サイン本無)3,300円
 

■OPクレジットカード会員さま限定 ご優待価格でのご購入は こちら
☆1次受付:5/24(金)10:00まで受付中!
☆2次受付:5/25(土)10:00より受付開始!
https://www.cnplayguide.com/asp/default.aspx?org=OQ&PgK=evt&ecd=ODK00485

■小田急ONE会員さま 特別価格のご購入は こちら
 

■昭和音楽大学チケットセンター
(※一般・ゆりフレンズ割引販売のみ)
 
  ○インターネット【24時間購入可 無料会員登録が必要となります】


 ○電話 044-953-9899<営業時間 平日10~18時(12~13時を除く)>
 ○窓口 昭和音楽大学南校舎1階<営業時間 平日10~18時(12~13時を除く)> 

 

注意事項※全席指定席、座席指定不可
※未就学児の同伴はお控えください。
※座席券種の変更・キャンセル・払い戻しはできません。
※サイン本は当日会場にてお引き換えをお願いいたします。
 


 


曲目


プロローグ
「西郷どん」メインテーマ 富貴晴美作曲
   編成:ソプラノ 小林 厚子(藤原歌劇団団員)
      ヴァイオリン 早稲田 桜子(昭和音楽大学講師)
      ピアノ 松岡 淳(昭和音楽大学講師)

エピローグ
”ジャンニ・スキッキ”より「私のお父さん」 プッチーニ作曲
   編成:ソプラノ 小林 厚子(藤原歌劇団団員)
      ピアノ 松岡 淳(ピアノ) 


出演者プロフィール


画像を横に並べる
小林厚子(ソプラノ)
松岡淳(Pf)
早稲田桜子(ヴァイオリン)

 


 小林 厚子 Atsuko Kobayashi(ソプラノ) 
 東京藝術大学卒業、同大学院修了。藤原歌劇団や各地で「イルトロヴァトーレ」「アイーダ」など多くのオペラに主演。イタリアには「蝶々夫人」でデビュー。新国立劇場では「トスカ」で急遽代役を務めた後、「ワルキューレ」「ドン カルロ」に抜擢され成功を収める。近年では、チョン・ミョンフン指揮「オテッロ」デズデーモナ、NHKニューイヤーコンサートなどで多くのオーケストラと共演。’25年は新国立劇場「蝶々夫人」に出演予定。藤原歌劇団団員。 

松岡 淳 Jun Matsuoka(ピアノ) 
 岩手県盛岡市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院修士課程修了。ハンガリー国立リスト音楽院留学。邦人として初めて、ブラームス国際音楽コンクールピアノ部門に於いて第1位他、国内外に於いて受賞多数。オーケストラとの協演、各地でのソロ・リサイタルのほか、室内楽、歌曲伴奏などでも、国内はもとより国際的に活躍の場を拡げている。現在、昭和音楽大学、同短大、同ピアノアートアカデミーにて講師を務める。 

早稲田 桜子 Sakurako Waseda(ヴァイオリン)*プロローグのみ出演 
 東京藝術大学音楽学部卒業。4歳よりヴァイオリンを始め12歳より国内外で様々な演奏活動を行う。大学在学中度々渡仏しフランス音楽を学び、卒業後はジャンルを超えた音楽を求め米国バークリー音楽院に留学。ポップス、ジャズ、和楽器、ダンス、映像等、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多数。(一財)地域創造・公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。昭和音楽大学講師。

川崎・しんゆり芸術祭アルテリッカしんゆり2015「日本の歌~童謡・唱歌・叙情歌の世界」で満席の中デビューを果たした藤原歌劇団所属の男性 4人のヴォーカルグループ。ユニット名 Quattro Aria は多数の公募の中から決定した。4人を表すQuattroと風・空気を表すAria。「4つの風。甘い南に、さわやかな東へ、クールな北に、まどわされそうな西へ…と多彩な音色、そして、そこから生まれる日本の歌に 4声が響くイメージ」という当選者からの思いを胸に、日本語が持つ独特の繊細なニュアンスと“想い”をサウンドにのせて伝えていく。

お知らせ News

  • 2024-05-21
    公演情報

    <音楽生涯学習講座>「深読み!J.S.バッハの無伴奏作品」〜歴史の学びと、古楽器と現代楽器の聴き比べ〜 発売中!

  • 2024-05-13
    公演情報

    作家 林真理子氏 講演会「小説を書く時間」チケット発売中!

  • 2024-03-29
    公演情報

    10月19日(土)「おとなのコンサートvol.31」出演者を募集します

  • 2024-03-21
    公演情報

    2024年度「オペラ歌手と日本の名曲を歌う会」年間パスポート発売中!